防犯のすゝめ

仮想通貨の不法マイニング手口

社会を賑わせる仮想通貨ですが、不正な手法で稼ぐサイバー犯罪者が登場しました。どのような手口で犯行が行われているのでしょうか?個人レベルでできる対策と併せてご紹介します。

ハッカーによる不法マイニング

他人のPCを使ってマイニングを行うという内容で、ハッカーは不法に仮想通貨を獲得しています。まずは、簡単にマイニングについて説明しましょう。

マイニングとは、仮想通貨を採掘するという意味です。その性質上、仮想通貨は国や銀行に依存せず、民間で取引内容を管理しています。ビットコインなどの仮想通貨の管理には多数のPCと膨大な電力を消費するため、個人の力ではなかなか実現できません。

仮想通貨の不法マイニングをたくらむハッカーは一般ユーザーたちのPCをハッキングし、多くのユーザーのPCを使ってマイニングをしています。シスコの脅威インテリジェンス部門talosはレポートで、約20万ドル相当の仮想通貨・Monero(XMR)をマイニングできるハッカーがいると発表しました。

効率のよい不法マイニング

不法マイニングではユーザーが気付かないうちに被害を受けています。たとえば、近年流行しているランサムウェアでは被害者が身代金を支払いますが、仮想通貨採掘のほうが大きな対価を得られやすいです。ユーザーはハッカーにPCを悪用されていることに気づきません。乗っ取られたPCは仮想通貨のマイニングにCPUの一部を使うため、動作が遅くなってしまいます。

個人で簡単にできるハッキング対策は、ウィルスソフトの導入です。ウィルス検挙率の高い無料ソフトも多いので、もし導入していないならすぐにインストールすることをおすすめします。ウィルスソフト同様、ファイアウォールの設定も大切です。外部からの侵入ができないように対策しましょう。なお、仮想通貨のマイニングに利用されるのはPCだけではありません。スマートフォンが乗っ取られているケースもあるようです。

仮想通貨マイニングを狙うハッカーへの対策は、怪しいウェブサイトを閲覧しない、不正なオンライン広告をクリックしないなどが考えられます。普通のウィルス感染対策と変わりませんが、用心するようにしましょう。

インターネットを悪用するハッカーは、私たちの想像を超えるような手法でハッキングして被害を与えています。基本的なセキュリティ対策を怠っているなら、すぐにでもウィルスソフトやファイアウォールを導入してください。ハッカーに付け入るスキを与えないことが大切です。

この記事に関連する記事