防犯のすゝめ

住宅購入前の独身女性に教えたい!防犯に強い部屋のポイント

女性の社会進出に伴い、結婚後も仕事を続ける女性は増えました。同時に、住宅購入に対する意識の高い独身女性も見られます。40代および50代の単身世帯の持ち家率は、男性より女性が上回ったほどです。住宅購入時、単身女性が気を付けるべき防犯のポイントをご紹介します。

設備と登録基準を満たした物件を選ぼう

住宅選定時に見ておきたいポイントが設備です。オートロックや防犯カメラ、TVモニター付きインターホンは、新築分譲マンションでは完備されているケースも増えました。建売の戸建て住宅でも、インターホンを用意している物件は見られます。

高い防犯基準を満たしている物件は、「防犯優良マンション」の登録を受けています。堅牢な玄関の鍵、破られにくい窓ガラスのほか、鉄筋コンクリートや鉄骨造の物件であることが条件です。登録を受けたマンションは、防犯優良マンションの認定証が交付されます。

一方、戸建て住宅の場合、防犯対策への確認に関する基準が設けられていません。また、マンションと比べると施設が広いため、防犯に関する難易度も高いと思います。防犯カメラやオートロックのほか、庭や窓ガラスの強化など、自主的な防犯対策を心掛けるようにしましょう。

マンションで防犯カメラを設置するときの注意点

さまざまな犯罪の中でもストーカー被害に遭う女性は少なくありません。自宅の玄関前でイタズラされていることもあるため、犯人を突き止めるために、防犯カメラを設置しようと考える人もいるでしょう。一軒家なら問題ありませんが、マンションやアパートのような集合住宅の場合は法的な注意が必要です。

集合住宅の共用部分は、区分所有法における共用部分の変更に該当します。本人の意思のみならず、議決権を持ったオーナーや集合住宅の住人たちから許可を取らなければなりません。防犯カメラによる撮影は、他の居住者のプライバシーを侵害する恐れがあるためです。手続きを取るのが大変と考えられます。

ただし、犯人が特定できると警察は動きやすくなります。特に、防犯カメラは「誰がどんな行動をしたか」を示す強力な物的証拠です。ストーカー被害を解決する大きな一歩になるため、事が起きる前に設置を検討しましょう。

持ち家のある単身女性は増えました。しかし、女性の一人暮らしは心細い点もあると思います。防犯対策が十分な住宅を購入するか、入居後に防犯グッズを設置しましょう。十分な事前準備を行い身を守るようにしてください。

この記事に関連する記事