防犯のすゝめ

小さな子どもを狙う悪質な強制わいせつ。子供に危機意識を持たせるには?

子供は性に関する知識がまだ乏しく、まさに強制わいせつ行為を受けている最中においても被害に気づかないことがあります。被害を防ぐためには親が注意するのはもちろん、子供の危機意識を育てておくことも重要です。
今回は、最近発生した子供への強姦・強制わいせつ事件を紹介するとともに、子供への性被害を防ぐ方法について解説します。

女児5人に強姦・強制わいせつ

5月26日、鹿児島県姶良市の地方裁判所において、女児5人に強姦や強制わいせつを行ったとされる40代の海上自衛隊員の判決公判が行われました。判決は懲役11年の実刑。裁判長はこの事件に対して「極めて卑劣な犯行である」と述べています。
裁判によると、被告は2011年の7月から2012年の1月にかけて、当時8〜9歳の女児に対し4回の性的暴行を加えました。また、2019年の5月から10月には別の女児4人の服を脱がせたり写真を撮影したりしたといいます。犯行は遊び相手として接近し、家族と交流する中で行われました。子供の未熟さや家族の信頼を裏切る非常に悪質な犯罪です。

子供の性被害は身近な人からが6割

知らない人についていかない、不審者を見かけたらすぐに逃げるといったことを言い聞かせている親は多いでしょう。しかし、このような注意喚起だけでは子供の性被害を防止するには不十分です。なぜなら、子供の性被害は身近な人が犯人になっているケースが多く、その割合は全体の6割にもなるとされているからです。
中には教師や防犯ボランティアをしている人など、子供を守るはずの立場にいる人物が逮捕されることもあります。知っている人への注意が十分に呼びかけられていないこと、性について無知であることが理由で、被害に遭っている子供自身が危害を加えられていることに気づけてないケースも珍しくありません。子供を性被害から守るためには、親が目を光らせるだけでなく、子供自身の意識を変えることも重要なのです。

子供に性犯罪を自衛してもらう方法

子供に危機意識を持ってもらうには、プライベートゾーンという言葉を使うと分かりやすく伝わります。プライベートゾーンとは、他人に見せたり触らせたりしてはいけない場所のことで、具体的には水着を着た時に隠れる部分を指します。「プライベートゾーンを無理に見ようとしたり触ろうとしたり人からは、たとえ知っている人であっても逃げるように」と教えておくことで子供は自分の身を守れるようになるでしょう。一度だけではなかなか伝わらないこともあるので、毎日とまではいかなくとも定期的に言い聞かせてください。

人気の防犯グッズ











この記事に関連する記事

防犯のすゝめ

テレワークの大きな味方!ドアの開閉をチェックする最新家電で空き巣対策

近年在宅ワーク中に空き巣と鉢合わせする可能性が高くなっているという、新たな不安が懸念されています。命に関わる最悪の事態も考えられるため、防犯対策を強化する家庭が急激に増加しているとのこと。 今回は在宅 …

防犯のすゝめ

追手門学院の女子制服にスラックス導入。女子学生への痴漢・防犯対策の動き活発に

高等学校の女子制服にスラックスが導入されたことを受け、痴漢・防犯対策への強化活動が話題となっています。痴漢行為や盗撮被害を根絶するため、実際の被害者が主導となりムーブメントを起こしている事例も。 今回 …

防犯のすゝめ

最新ワイヤレス防犯カメラが上昇傾向に。メリットや選び方のコツとは

コロナの影響で個人の防犯意識が高まっていることから防犯カメラの売上が急増しています。特にワイヤレス機能を搭載した最新の防犯カメラが話題に。 今回は最新防犯カメラのメリットや選ぶ時のポイントについて解説 …