防犯のすゝめ

土砂災害の被害は長期化する傾向に。ソーラー型防犯カメラで自然災害対策しましょう

土砂災害の被害を完全復旧するには大変な時間と労力を要します。復旧にかかる負担を減らすためには、ソーラー型防犯カメラが欠かせません。

この記事では、土砂災害の被害例とソーラー型防犯カメラのおすすめポイントについて解説します。

土砂崩れ被害の静岡県で復旧作業が本格始動

記録的な豪雨により甚大な被害を受けた磐田市豊岡地区では、10月30日までにようやく本格的な復旧作業が開始されました。山間部の情報が行き届いておらず、河川の倒木や土石流の撤去が難航していたとのことです。

敷地川で川の流れをせき止めていた流木は撤去されましたが、いまだに流木や倒木が取り除かれていない河川も数多く残っています。再び大雨になれば、水位が上昇し水が一気にあふれ出す恐れもあります。近隣住民からは不安の声が上がっており、早急な対応策が必要です。

さらに「これまでと同じ措置では被害を繰り返す」との指摘も多く寄せられています。実際に被災した住民は「応急処置を重ねるだけでなく、これを機に山や林道も整備してほしい」と訴えています。市道路河川課の担当者は「県や地元の建設業者と連携して撤去・対策を急いで進める予定だ」と話しています。

土砂災害の種類

土砂災害は大雨によって山・がけなどが崩れ、水と混ざり合った土や石が下流まで押し寄せてくる現象です。大雨だけでなく地震が引き金となることもあります。

土砂災害には主に4つの種類があり、発生しやすい場所や被害の大きさが異なります。

・土石流災害

谷や斜面に溜まった土砂が大雨と一緒に一気に流れ出す。流れが急な河川・扇状地で多く発生しやすい。

・地すべり災害

ゆるやかな斜面において、滑りやすい粘土層が地下水によってゆっくりと動き出す。広範囲にわたり被害を一度に受けやすいのが特徴。

・がけ崩れ災害

水分を多く含んだ地面の抵抗力が下がり、急な斜面で突然崩れ落ちる。スピードが速く破壊力が強いため大きな被害になりやすい。

・火山災害

噴火による溶岩流や火砕流が原因となり、広範囲で人的被害が起こりやすい。火砕流のあとに土石流が発生するなど二次災害になる可能性が高い。

自然災害対策なら「ソーラー型防犯カメラ」がおすすめ

太陽光で稼働するソーラー型防犯カメラは、山中の土砂崩れや倒木の確認、大雨における河川の増水・水位の確認といった自然災害の対策に効果的です。

従来の防犯カメラは電源を確保するのが難しく、電池で作動するものが一般的でした。しかしソーラー型防犯カメラはソーラーパネルが導入されているため、充電や電池、配線などが一切必要ありません。設置場所を選ばないため、さまざまなシーンでリアルタイム観測・状況確認できるのがメリットです。

ソーラーカメラが選ばれる4つのポイントは以下のとおりです。

・防水防塵

・フル充電で最大5日稼働(24時間 平均消費電力で駆動した場合の数値)

・遠隔地からリアルタイム監視

・高画質撮影

月額22,000円~利用可能で、支払方法は1回~36回払いまで選択できます。セット金額には本体代金だけでなく、工事費用や保証料金も含まれています。その他にも専用アプリのインストール方法や操作説明などのフォロー体制もしっかり整っているので安心です。

太陽光で稼働するソーラー型防犯カメラ – https://www.arucom.ne.jp/campaign/solar.html

人気の防犯グッズ











この記事に関連する記事

防犯のすゝめ

なりすまし世界第7位にauがランクイン。年末年始はフィッシング詐欺に要注意!

なりすましによるフィッシング詐欺の被害において日本のauが世界第7位にランクインしました。特に年末年始は増加する傾向にあるので注意しておきましょう。 この記事ではフィッシング詐欺を防ぐための効果的な方 …

防犯のすゝめ

キャッシュレス時代で決済方法が変わる!生体認証決済とスマホ決済の違いをチェック

中国ではキャッシュレスの決済方法に変化が起こりつつあります。今後は生体認証決済が一般化していくことが予想されます。 今回は生体認証決済やスマホ決済のメリットを挙げ、2つの違いを解説していきます。 中国 …

防犯のすゝめ

サイバー犯罪への対策が急務。ネットリテラシーを高めて被害を防ぎましょう

インターネットが普及するなか、サイバー犯罪の手口も巧妙化しています。あらゆる情報が飛び交う時代、正しいものと不適切なものを見極める「ネットリテラシー」が非常に重要です。 今回はサイバー犯罪に対抗するた …