防犯のすゝめ

自分で出来る、防犯対策に効果が高い2つの防犯アイテム

泥棒に入られないようにする対策というのは沢山ありますが、今回紹介するのは、その中でも泥棒避けに効果が高いとされている、2つのアイテムについて紹介していきます。
泥棒対策というのは、捕まえるというよりも、侵入されないように対策をすることが大切です。
何かを盗まれてしまった時に、泥棒が警察に捕まると被害に応じて賠償金を支払わなければならないということになりますが、捕まった泥棒が一文無しだった場合は、無い袖は振れないということになり、泥棒を捕まえることが出来ても被害にあったものは返ってきません。

そのため、最も大切なことは泥棒を自宅に入れない努力なのです!

shutterstock_369968369

ドアや窓などの侵入路になる場所に集中した効果的な防犯対策

泥棒というのは、突発的な行動をするイメージがあるかもしれませんが、泥棒はとても臆病な性格をしていることが多く、基本的な思考としては「誰も居ない間に仕事(盗み)を完了させる」と言われています。
そして、泥棒の多くはドアや窓といった場所から侵入するので、侵入路だけでも集中して防犯対策することで、より高い防犯対策効果を期待できるのです!

そんなドアや窓に対して、オススメな防犯対策について紹介していきます。

shutterstock_146518544

ドアは二重ロックをすることで対策をする

実は、自宅のドアを二重ロックにしているという人は非常に少ないです。

我が国日本は、安心・安全な国ということもあり、一般人の防犯意識が低いとも言われています。
「安心・安全」は逆に落とし穴!そんな抜け穴を狙うのが泥棒です。
二重ロックにすると、泥棒が家に入るまでの時間をかなり稼ぐことができます。
侵入するために余計な時間が掛かる家を狙うと、泥棒にとっては捕まるリスクが高い家ということにもなってしまうために、そのような家を狙うぐらいなら他のリスクの低い家を狙うでしょう。
泥棒にとっては、わざわざリスクの高い盗みをする必要はありませんので、ドアを二重ロックにすることによって、自分の家を泥棒のターゲットから除外させることが出来ます。

shutterstock_409871077

振動を感知するセンサーを窓に取り付ける

泥棒が最も嫌がるものというのが、「音」と「光」。

そして、泥棒の多くは窓やドアから侵入するケースが多いので、窓に振動を感知するセンサーを設置して、センサーが稼働している状態で窓を開けると、音や光によって警報が鳴り響くと、泥棒が何も盗らずに逃げる可能性は絶対的に高まります。
最近の防犯グッズの中には、警報を鳴らしている状態で、「侵入を感知しました!ただいま警察に連絡をしています!」というようなメッセージを発信することが出来るものもありますので、防犯効果としてはかなり高い効果を望めます。

shutterstock_285974693

『自宅の中で不審者が現れた時に記録を残しておく防犯カメラ』

防犯対策をしっかりとしていても、自宅に侵入されてしまうことは少なくありません。

侵入されてしまった場合に、犯人が分かっていれば、そこから盗まれたものを取り返すことが出来るケースもありますので、自宅の中に防犯カメラを設置することによって、盗まれている状況の記録を残すことが出来ます。

防犯カメラには、「泥棒を防ぐ」という目的と「泥棒を捕まえる」という目的の2つがありますので、その2つについて紹介していきます。

泥棒を防ぐのなら、ダミーカメラで十分

最近では、防犯カメラのダミーも多くなってきました。
近所のスーパーなどでも設置していることが多くなっていますが、防犯カメラはダミーでも犯罪抑止に効果的だという数字が出ています。そのため、自宅の周りに設置する場合でも、ダミーカメラを設置することによって泥棒を寄せ付けないという効果が期待できます。
また、ダミーのカメラは本物の防犯カメラと違って、価格も比較的安くなっていることが特徴的です。

shutterstock_236160676

自宅内に設置する記録用のカメラは泥棒に見つかりにくい場所に設置する

自宅の中に防犯カメラを設置する場合は、犯人に見つからないように設置しなければいけません。
犯行現場を記録しておくためのカメラということになりますので、カメラの存在が犯人に見つかってしまうと、カメラを壊されてしまう恐れもあります。そのため、重要なものを保管している場所を撮影しながら、人目につかないような場所に設置することが大切です

いかがでしたでしょうか?
あなたはいくつ防犯対策をしていますか?これを機会に少しでも犯罪を未然に防ぐ努力をされる方が増えると嬉しいです。

この記事に関連する記事