防犯のすゝめ

可搬記録媒体による情報流出が多数。使用時のルールと注意点をおさらいしましょう。

USBなどの可搬記録媒体は情報漏えいの危険性があります。特に会社内で利用する場合は企業全体に影響を及ぼす可能性があるため使用方法を徹底しなければなりません。

今回は可搬記録媒体を使う時に押さえておくべきルールと注意点を解説します。

那須塩原市でUSB紛失による情報漏えい

栃木県那須塩原市によると、個人情報400件が保存されたUSBメモリを紛失したことが明らかとなりました。

課税担当職員が会議の際にUSBを持ち出し、翌朝に保管場所を確認したところ、所在不明となっているようです。USBメモリ内には法人・個人の市民税還付に関するデータが記録されており、氏名・住所・口座番号など重要情報などが含まれています。口座情報に関しては339件もの被害が発生したとのこと。

重要データが紛失したことで、何者かによって悪用される事態が危惧されています。市では情報が流れてしまった対象者や事業所に電話で謝罪し、「セキュリティ関連の教育を改めて徹底し、再発防止に努めたい」と話しています。

可搬記録媒体を使うときのルール

可搬記録媒体の利用には多大なリスクが伴うため、原則として会社情報は可搬記録媒体に保存してはいけません。

また、基本的に可搬記録媒体を社外へ持ち出すことは禁止されていますが、どうしても持ち出す場合は、十分なセキュリティ対策を施した会社支給のものだけにしましょう。許可を得ていない個人所有の媒体や機器は絶対に使用してはなりません。

取引先とデータを共有する場合などは、可搬記録媒体ではなく、boxやGoogleドライブといったクラウドサービスの利用を検討してください。やむを得ず、可搬記録媒体を利用する必要がある場合は、企業の情報セキュリティ管理者などに連絡し、指示を受けるようにしましょう。データ共有はクラウドサービスを優先的に利用することで、データの持ち出しによる情報漏えいのリスクを減らすことができます。

利用する場合の注意事項を徹底しましょう

業務を行う上で、やむを得ず、会社情報をUSBメモリに保存する場合は、原則として会社のシステム管理者が指定したUSBメモリだけを使用するようにします。

また、どうしても会社情報を可搬記録媒体に保存する必要がある場合は、必ず暗号化(パスワードの設定)し、データ保存は一時利用に限定します。利用後は速やかにデータを消去しましょう。

可搬記録媒体を社外に持ち出す場合は、盗難や紛失に最善の注意を払ってください。万が一事故が発生した場合は、まず上長に報告し、情報システム管理者からの指示に従うようにします。

可搬記録媒体を郵送などで送付する場合は、各配送業者のセキュリティ輸送サービスや書留郵便などを利用してください。廃棄する場合にも、データを初期化したり物理的に破壊したりして、廃棄先からの情報漏洩がないように注意すべきです。会社支給のUSBメモリは廃棄せず返却しましょう。

人気の防犯グッズ











この記事に関連する記事

防犯のすゝめ

桃太郎の動画で特殊詐欺対策!根絶のためのさまざまな取り組みをご紹介

昔話の動画を活用し、特殊詐欺を防止する取り組みが行われています。わかりやすい内容になっているため、子どもからお年寄りまであらゆる世代への呼びかけに役立つとのこと。
今回は特殊詐欺防止のためのさまざまな取り組みと、代表的な手口10種類を解説します。
■桃太郎動画で特殊詐欺の落とし穴をわかりやすく解説
兵庫県警丹波署は、桃太郎を題材にした特殊詐欺防止のためのアニメ動画を作成しました。なじみ深いキャラクターを使うことで、子どもやお年寄りにも興味を持ってもらう狙い。詐欺の落とし穴をわかりやすく解説しています。
今回の取り組みは、元同署生活安全課の吉田恵実巡査部長が立案し、昨年7月から一人でシナリオ作成から編集までを担当。おじいさんやおばあさんが、あ

防犯のすゝめ

ウクライナ支援詐欺が多発!卑劣な最新手口に備えておきましょう

ウクライナ支援を偽った最新の詐欺手口が横行しています。巧妙な手口をあらゆる面から仕掛けてくるので、常に意識を高めておかなければなりません。
今回は最新の詐欺手口を具体的に解説し、万が一被害に遭ったときの相談先についても紹介します。
■やはり狙われたウクライナ支援詐欺。最新手口に注意
国民生活センターは、ウクライナ情勢を悪用したネット詐欺の手口を公表しました。
特に多いのがTwitterなどのSNSで義援金を募る詐欺。あらゆる理由をつけて口座へ送金するよう誘導してきます。しかし、ショッピングなどと異なり、商品が送られてくるわけではないため、自分が詐欺に遭っていることに気づかない被害者も多いとのこと。
また、ウクライナ人になりすまし、ビットコイン

防犯のすゝめ

身近なパンで高齢者の詐欺防止を!高齢者が詐欺に遭いやすい心理的特徴を解説

全国各地で高齢者の詐欺被害対策が進んでいます。65歳以上の高齢者は、とくに特殊詐欺のターゲットになりやすく、身近にいる場合は注意が必要です。
今回は高齢者が詐欺被害に遭いやすい理由や心理的な特徴について説明していきます。
■警察とのコラボパンで詐欺を防ぐ取り組み
2022年4月、千葉県では詐欺被害を防ぐための新たな取り組みを開始しました。千葉県警と大手食品会社が手掛けた「詐欺防止パン」です。
身近なパンを使って詐欺への警戒心を高めてもらうという狙い。高齢者でも目につきやすいよう、菓子パンの包装面には特殊詐欺への警戒を呼びかけるメッセージが大きく記載されています。千葉県在住の60代女性は「何度も目にすることで、詐欺の恐ろしさを思い出す。ついつ

防犯のすゝめ

ITに強くなる資格「ITパスポート」とは?概要やメリットをご紹介

ITスキルが求められる今、ITパスポートという資格が注目されています。IT業界を目指す人、IT知識を高めたい人は、この機会に資格について学んでおきましょう。
今回はITパスポートの概要、資格取得におすすめの人、メリットを紹介します。
■NumberがITスキル支援型NFTプラットフォームをリリース
株式会社Numberは、ITスキル支援型NFTプラットフォーム「チャンピオンサーチ」を2022年4月下旬に本格リリースしました。デジタルトランスフォーメーションの需要拡大により課題となっている、IT人材不足を解消するのが目的です。
チャンピオンリサーチは、元数学教師である代表の想いとビジョンを背景に構想されたNFT技術。NFTと人材を掛け合わせ、