防犯のすゝめ

大事な家族と住まいと資産を守りたい!けれども、防犯用品にいくらかかるか気になる……防犯とお金のバランス術

 

防犯対策が大事なのは分かるけど、それほどお金をかけられない……。

やみくもにお金をかければ、防犯できるというものでもありません。あなたのご自宅で必要なものを洗い出し、優先度の高いものから取り組んでみるのが、一番効果的でしょう

ここでは、ご自宅の防犯対策を進める上で、賢いお金のかけ方をご紹介します。「安心・安全」を高めるためにも、まずは知ることから始めてみましょう。

 

防犯用品って、そもそもいくらかかるの?

shutterstock_71719366

一口に防犯用品といっても、種類が豊富で次々と新しい商品が出ていますね。なかでも、泥棒の侵入口の多くが玄関や窓ということもあり、窓やドアに関するものが多い傾向にあります。

たとえば、窓を防犯ガラスに替える場合、窓のサイズや性能で違うものの、90cm×120cmでも3万円~7万円前後とわりとお高めです。ご自宅の全部の窓を取り替えるとなると、かなりの出費となってしまうもの。

お手軽な方法としては、防犯シート(2千円~)や窓の振動を感知して警報音を鳴らすアラーム(千円程度)などがあります。窓のサッシ用の補助錠などもお手軽です。

 

玄関を守る防犯用品

shutterstock_296732522

玄関のドアに関するものなら、カメラ機能付きのインターホンが主流ですね。家電量販店でも様々な種類のものを取り扱っており、じっくりと検討できます。カメラの画像も鮮明になり、録画できるものもあります。価格も1~4万円程度であり、手が届きやすくなったといえますね。

ご自宅の構造上設置できるか確認する必要はありますが、手軽にできる防犯対策として検討してみるのもいいでしょう。

 

ホームセキュリティサービスの相場は月額5千円前後

shutterstock_277337576

自宅の防犯対策で、緊急時に係員が駆けつけてくれるホームセキュリティサービスは、やはり安心ですね。昔はお金持ちが利用するものといったイメージもありましたが、最近では月額利用料も5千円程度(初期費用は別途必要)と手が届きやすくなり、お子さんや高齢のご両親の見守りサービスとしても利用される機会が増えています。

実際にサービスを受けるためには、部屋の数や機器の設置状況によって違うものの、防犯対策を格段に向上させられるでしょう。

防犯用品やホームセキュリティサービスを活用することは大切ですが、戸締りやカギの管理など基本的なことも忘れずに。安心安全な快適生活のために、今日からできることを取り組んでみましょう。

人気の防犯グッズ











この記事に関連する記事

防犯のすゝめ

特殊詐欺には直接電話で対策を!最新の詐欺状況と対策サービスまとめ

増加する特殊詐欺に対し、直接電話をかけて被害を抑える対策が始まっています。新手の手口も報告されているので、引き続き対策を怠らないようにしましょう。 今回は特殊詐欺に関する最新情報と対策サービスを紹介し …

防犯のすゝめ

ランサムウェア被害が後を絶たない。さまざまな対策・防御ツールを紹介します

多くの企業でランサムウェアの脅威が拡大しています。調査結果では6回以上の被害を受けた例もあることが判明。 今回はランサムウェアに対抗するための便利なツールを紹介します。企業だけでなく個人が被害者となる …