防犯のすゝめ

知っておきたいICT情報!ICTリテラシーの意味やメリットを解説します

近年テレビやネットでよく見かける「ICT」についてきちんと理解していますか?約8割の企業が重要視している概念であり、社会人の方にとっては必要不可欠な知識です。

今回はICTリテラシーの定義やメリットについて紹介します。

約8割の企業がICTリテラシーの重要性を認識

テックアカデミーIT研修を運営するキラメックスが行ったアンケート調査によると、対象企業120社のうち約8割がリスキリングを重視していると回答しました。リスキリングとは必要なスキルを習得することを意味し、特にICTリテラシーのリスキリングは多くの企業で必要とされています。

ここ1年以内にリスキリングを始めた企業が最も多く、中でも従業員100名以上の大企業は全体の半数を占めています。重視され始めた背景として「従業員のITスキルやリテラシーにばらつきがある」、「社内におけるIT人材の不足」などが挙げられます。

多くの企業ではeラーニング研修や資格取得の支援を行い、社員の意識向上を狙う方針です。アンケート対象企業は「今後もリスキリングに取り組む予定」と回答しています。

ICTとは何か?ITやIoTとの相違点とは?

ICTとは「Information and Communication Technology」の頭文字を取った略語であり、日本語では「情報伝達技術」や「情報通信技術」と訳されています。コンピューター技術を活用する点に着目し、ヒトとヒトあるいはヒトとモノの間で情報を共有することが目的とされています。主に公共事業の分野で使われており、ICTを活用することで教育、医療、介護・福祉に貢献できることが期待されています。

ICTと似た言葉にITがありますが、ITは「Information Technology」の略、「情報技術」を意味します。こちらはパソコンやスマートフォンで使われている技術全般のことを指し、ICTよりも広い概念を含んでいるのが特徴です。またICTと異なり、主に経済分野で使われています。

最近ではIoTという言葉も有名になってきましたが、IoTは一般的に「モノのインターネット」という意味。身の回りのあらゆるモノが全てインターネットにつながった世界のことです。ICTとの違いはあいまいで、見る視点によってICTにもIoTにもなるということ。コミュニケーションを主体に考えればICT、モノを主体にするとIoTになります。

ICTリテラシー向上によるメリット

ICTリテラシーを養うことで3つのメリットを得ることができます。

1つ目は「業務効率の向上」です。ICT知識を学ぶことで、パソコンやICT機器の基本的な操作を身に付けられるため、すばやく資料作成・データ検索を行うことが可能となります。

2つ目は「情報セキュリティの認知」。ICTリテラシーにはセキュリティに関する知識も含まれているため、情報管理の重要性や漏えいリスクの危険性を認識させることができます。個人の意識が高まることでサイバー攻撃に対応できることが期待できるでしょう。

3つ目は「今後の社会に対応できる人材になる」ということです。AI技術や5Gなどますます技術が進歩し、社会がめまぐるしく変化していくことが予想されます。このような状況にはICTリテラシーを基礎として柔軟に対応しなければなりません。必要とされる人材になるためにはICTを向上させておくことが必要です。

人気の防犯グッズ











この記事に関連する記事

防犯のすゝめ

特殊詐欺には直接電話で対策を!最新の詐欺状況と対策サービスまとめ

増加する特殊詐欺に対し、直接電話をかけて被害を抑える対策が始まっています。新手の手口も報告されているので、引き続き対策を怠らないようにしましょう。 今回は特殊詐欺に関する最新情報と対策サービスを紹介し …

防犯のすゝめ

ランサムウェア被害が後を絶たない。さまざまな対策・防御ツールを紹介します

多くの企業でランサムウェアの脅威が拡大しています。調査結果では6回以上の被害を受けた例もあることが判明。 今回はランサムウェアに対抗するための便利なツールを紹介します。企業だけでなく個人が被害者となる …