防犯のすゝめ

音声認識機能で振り込め詐欺を防止できる

振り込め詐欺の被害に遭わないように注意喚起がうながされるようになって久しい昨今ですが、減少しているかに見えて実は振り込め詐欺はまだまだ増加しているのが悲しい現状。防止策として期待されているAIの音声認識機能について、紹介しましょう。

未だ増加の一途をたどる振り込め詐欺の実状

振り込め詐欺には、オレオレ詐欺をはじめ、架空請求詐欺や還付金等詐欺、融資保証金詐欺なども含まれます。毛市長の2016年度には、振り込め詐欺の認知件数が前年の約7%増加。被害総額は5%ほど減少したものの、年間の被害総額が375億円というのは深刻です。特に増加しているのが還付金等詐欺で、約55%もの増加を示しています。 銀行のATMに行くと目に付くように、還付金詐欺への注意がうながされているにもかかわらず、被害が激増しているのが実状なのです。

AIの音声・声紋認識による振り込め詐欺防止策

振り込め詐欺の被害総額は、2014年には約550億円に到達。しかし、これをピークに年々減少傾向にはあります。しかし、平成28年度で約407億円と、いまだに400億円に達しようかという金額が詐欺によって奪われていることは、社会問題といってもいいでしょう。 なぜなら、警察や自治体、金融機関、メディアなどでのPRや防犯活動の甲斐もなく、ここまでの甚大な被害が出てしまっているからです。

最近目立ってきているのが、AI(人工知能)を利用しての防犯。AIの中でも音声認識や声紋認識が成果を上げているため、これを振り込め詐欺の防犯に役立てられないかと金融機関などが注目しているのです。実は、日本の他にもアジアで振り込め詐欺に悩まされているのが韓国。韓国ではすでに、国家機関が業務提携を行って、機械学習による声紋解析を始めているといいます。こうしたAIを利用しての分析により、容疑者候補が10人近くも絞られたというのは、大きな成果です。

ただし、AIを利用した防犯対策が進む一方では、AIを利用した声紋模倣詐欺が登場するのではないかとも懸念されています。グーグルの子会社が、人間の声を万能に模倣して自然な音声を提供する音声合成システムの開発に成功したと公表されたのも、気になるニュースです。この発表に対して海外メディアでは、ハイテクなAIシステムが犯罪に悪用される懸念を取り上げています。革命的な詐欺行為が登場するのではないかと、危険視しているのです。これは、海外だけでの話ではなく、もちろん日本においても懸念される問題。AIへの期待が高まる一方で、犯罪に悪用されないための対策も同時に課題にしなければなりません。

人気の防犯グッズ











この記事に関連する記事

防犯のすゝめ

テレワークの大きな味方!ドアの開閉をチェックする最新家電で空き巣対策

近年在宅ワーク中に空き巣と鉢合わせする可能性が高くなっているという、新たな不安が懸念されています。命に関わる最悪の事態も考えられるため、防犯対策を強化する家庭が急激に増加しているとのこと。 今回は在宅 …

防犯のすゝめ

追手門学院の女子制服にスラックス導入。女子学生への痴漢・防犯対策の動き活発に

高等学校の女子制服にスラックスが導入されたことを受け、痴漢・防犯対策への強化活動が話題となっています。痴漢行為や盗撮被害を根絶するため、実際の被害者が主導となりムーブメントを起こしている事例も。 今回 …

防犯のすゝめ

最新ワイヤレス防犯カメラが上昇傾向に。メリットや選び方のコツとは

コロナの影響で個人の防犯意識が高まっていることから防犯カメラの売上が急増しています。特にワイヤレス機能を搭載した最新の防犯カメラが話題に。 今回は最新防犯カメラのメリットや選ぶ時のポイントについて解説 …