防犯のすゝめ

コロナで時短営業の飲食店を狙った空き巣が続出!改めて考えたい防犯対策とは

コロナ禍で時短営業となった飲食店が空き巣被害にあう事件が増えています。このような状況だからこそ、防犯意識をさらに高めておくことが大切です。
今回は空き巣増加の事例を提示し、今すぐ使えるおすすめの防犯対策について紹介していきます。

コロナ禍で時短営業の飲食店を狙った空き巣が増加

新型コロナウイルス感染拡大防止による緊急事態宣言が発令され、警視庁は時短営業で夜間に無人となる店舗を狙った空き巣への防犯対策を呼びかけています。飲食店の閉店時は防犯意識が薄れることから悪質行為の増加が懸念され、事件を未然に防ぐためには日頃から意識を高めておくことが重要だと強く主張。東京消防庁や東京都の職員ら約60人が総動員し、スクランブル交差点付近で「不要不急の自粛」や「戸締りなどの対策を」と書かれたプラカードを掲げて、早めの帰宅を促す取り組みに注力しています。

改めて確認しておきたい防犯対策5か条

空き巣被害が増加している今だからこそ、再度防犯対策の基本を押さえておきましょう。これから紹介する5つのポイントは、飲食店だけではなく自宅や会社などにももちろん有効な方法です。
①在宅中でもしっかり戸締りを行うこと。特に郊外や田舎の地方では開けっ放しにしている家が多い傾向にあります。②玄関や庭先にセンサーライトを設置すること。人が近づくと自動的に明かりがついてしまうため、空き巣の犯人が最も嫌う環境を作ることができます。また玄関や庭に砂利を敷くのも有効です。③足場になる脚立やバケツを置きっぱなしにしないこと。犯人が使用し2階や窓から侵入する可能性が高まります。④郵便・新聞を溜めないこと。ポストに郵便物が残っていると留守だと判断され、狙われやすくなります。⑤ダミーの防犯カメラを取り付けること。防犯カメラがあると空き巣のリスクは大幅に減少します。ダミーであれば1000円以下で購入できるため費用もかかりません。

100円ショップグッズでできる防犯対策

100円グッズをうまく利用すれば手軽に防犯対策することが可能です。窓に取り付けてセキュリティを強化できる「窓ロック」、侵入者をアラーム音で知らせてくれる「警報ブザー」といった本格的なアイテムも揃っています。窓ガラスに貼り付けて割れにくくする「防犯フィルム」も人気商品の一つ。女性でも簡単に貼れるようなものが多いため安心です。普段から身につけておきたいグッズとしては「ホイッスル付きライト」が人気。ブザーの音量は80dbほどの大きさなので周囲へのSOSには十分な機能が備わっています。

人気の防犯グッズ











この記事に関連する記事

防犯のすゝめ

特殊詐欺には直接電話で対策を!最新の詐欺状況と対策サービスまとめ

増加する特殊詐欺に対し、直接電話をかけて被害を抑える対策が始まっています。新手の手口も報告されているので、引き続き対策を怠らないようにしましょう。 今回は特殊詐欺に関する最新情報と対策サービスを紹介し …

防犯のすゝめ

ランサムウェア被害が後を絶たない。さまざまな対策・防御ツールを紹介します

多くの企業でランサムウェアの脅威が拡大しています。調査結果では6回以上の被害を受けた例もあることが判明。 今回はランサムウェアに対抗するための便利なツールを紹介します。企業だけでなく個人が被害者となる …