防犯のすゝめ

ネットカフェで情報漏洩!?被害を防ぐための注意点とは

無料Wi-Fiが使えるネットカフェは便利な存在ですが、情報漏洩には注意が必要です。現在、総務省でも無線LANの危険性を呼び掛けています。

今回は、ネットカフェを利用する際に気を付けておきたいポイントや、公衆無線LANの危険性・使い方を詳しく解説していきます。

総務省が「無線LANセキュリティ対策講座」を開講

2022年3月、総務省の「無線LANのセキュリティ確保のためのオンライン教育」をもとに、株式会社インプレスと株式会社ドコモgaccoはセキュリティ対策講座を開講しました。無線LANの普及に伴い、改めてセキュリティ意識を高めるのが目的とのこと。

今回の講座は、「gacco」と呼ばれるオンライン講座サービスを使って配信されました。講座は全12回で構成。第1・2回はWi-Fiの基本事項、第3~6回は自宅やオフィスなどさまざまな利用シーンにおける注意事項、第7~12回はWi-Fiの仕組み、安全に使うためのポイント、最新動向などより詳しい内容、という流れで学ぶことができます。

イラストや図を使って説明されるため、パソコンに詳しくない人でも理解しやすいのが特徴です。最後には理解度チェックテストも用意されているため、学んだ知識を効率的にアウトプットできるのもメリット。また受講者には抽選でプレゼントも用意されています。

インターネットカフェ利用時の注意点

無線LANが無料で利用できるインターネットカフェは非常に便利な存在です。しかし使い方を誤ると、さまざまなトラブルを引き起こす可能性があるので注意しておきましょう。

実際に、キーボードの入力履歴を盗み取る「キーロガー」というソフトにより、ネットバンキングへ不正アクセスされたという事件も発生しています。個人情報を守るために、ネットカフェ退出時には「ログインしたサイトは必ずログアウトする」「IDやパスワードの痕跡、閲覧履歴、Cookieを削除する」「ゴミ箱は空になっているか確認する」の3点を守ってください。

また、ネットカフェではクレジットカード番号や口座番号を入力するサイトはできるだけ利用しないようにしましょう。ネットショッピング、ネットバンキング、オークションなどは要注意です。

公衆無線LANの危険性や使い方

無料で誰でも利用できる公衆無線LANは、便利な反面、大きく分けて2つの危険性が潜んでいます。

一つ目は「盗聴」のリスク。無線LANに接続しているパソコンやスマートフォンなどを覗き見する行為です。氏名・住所・口座番号などの個人情報が読み取られたり、重要なメール内容が流出したりしてしまう恐れがあります。盗まれたIDやパスワードを使って不正ログインし、勝手に投稿したり物を購入する事例も報告されています。

二つ目の危険は「偽アクセスポイント」。偽アクセスポイントとは正規のアクセスポイントを装い、悪意の第三者が作ったアクセスポイントのことです。誤ってアクセスするとフィッシングサイトへ誘導され、サイバー犯罪に巻き込まれる可能性があります。正規のものと見分けがつきにくいため、より一層注意が求められます。

自宅で無線LANを使用する場合は「適切な暗号方法を設定する」「初期パスワードを変更する」「最新のファームウェアにしておく」の3点に気を付けておきましょう。

人気の防犯グッズ











この記事に関連する記事

防犯のすゝめ

桃太郎の動画で特殊詐欺対策!根絶のためのさまざまな取り組みをご紹介

昔話の動画を活用し、特殊詐欺を防止する取り組みが行われています。わかりやすい内容になっているため、子どもからお年寄りまであらゆる世代への呼びかけに役立つとのこと。
今回は特殊詐欺防止のためのさまざまな取り組みと、代表的な手口10種類を解説します。
■桃太郎動画で特殊詐欺の落とし穴をわかりやすく解説
兵庫県警丹波署は、桃太郎を題材にした特殊詐欺防止のためのアニメ動画を作成しました。なじみ深いキャラクターを使うことで、子どもやお年寄りにも興味を持ってもらう狙い。詐欺の落とし穴をわかりやすく解説しています。
今回の取り組みは、元同署生活安全課の吉田恵実巡査部長が立案し、昨年7月から一人でシナリオ作成から編集までを担当。おじいさんやおばあさんが、あ

防犯のすゝめ

ウクライナ支援詐欺が多発!卑劣な最新手口に備えておきましょう

ウクライナ支援を偽った最新の詐欺手口が横行しています。巧妙な手口をあらゆる面から仕掛けてくるので、常に意識を高めておかなければなりません。
今回は最新の詐欺手口を具体的に解説し、万が一被害に遭ったときの相談先についても紹介します。
■やはり狙われたウクライナ支援詐欺。最新手口に注意
国民生活センターは、ウクライナ情勢を悪用したネット詐欺の手口を公表しました。
特に多いのがTwitterなどのSNSで義援金を募る詐欺。あらゆる理由をつけて口座へ送金するよう誘導してきます。しかし、ショッピングなどと異なり、商品が送られてくるわけではないため、自分が詐欺に遭っていることに気づかない被害者も多いとのこと。
また、ウクライナ人になりすまし、ビットコイン

防犯のすゝめ

身近なパンで高齢者の詐欺防止を!高齢者が詐欺に遭いやすい心理的特徴を解説

全国各地で高齢者の詐欺被害対策が進んでいます。65歳以上の高齢者は、とくに特殊詐欺のターゲットになりやすく、身近にいる場合は注意が必要です。
今回は高齢者が詐欺被害に遭いやすい理由や心理的な特徴について説明していきます。
■警察とのコラボパンで詐欺を防ぐ取り組み
2022年4月、千葉県では詐欺被害を防ぐための新たな取り組みを開始しました。千葉県警と大手食品会社が手掛けた「詐欺防止パン」です。
身近なパンを使って詐欺への警戒心を高めてもらうという狙い。高齢者でも目につきやすいよう、菓子パンの包装面には特殊詐欺への警戒を呼びかけるメッセージが大きく記載されています。千葉県在住の60代女性は「何度も目にすることで、詐欺の恐ろしさを思い出す。ついつ

防犯のすゝめ

ITに強くなる資格「ITパスポート」とは?概要やメリットをご紹介

ITスキルが求められる今、ITパスポートという資格が注目されています。IT業界を目指す人、IT知識を高めたい人は、この機会に資格について学んでおきましょう。
今回はITパスポートの概要、資格取得におすすめの人、メリットを紹介します。
■NumberがITスキル支援型NFTプラットフォームをリリース
株式会社Numberは、ITスキル支援型NFTプラットフォーム「チャンピオンサーチ」を2022年4月下旬に本格リリースしました。デジタルトランスフォーメーションの需要拡大により課題となっている、IT人材不足を解消するのが目的です。
チャンピオンリサーチは、元数学教師である代表の想いとビジョンを背景に構想されたNFT技術。NFTと人材を掛け合わせ、