防犯のすゝめ

切れ込みを入れたから安心?手交型詐欺がさらに進化している

警察や自治体職員を騙り、カード類を騙し取る手交型詐欺。手口が広く知られるようになったからか、詐欺師たちはさらに巧妙な手口を生み出しました。
あなたのカードも詐欺師たちに狙われているかもしれません。

警察官を騙りキャッシュカードを騙し取る事件

8月13日、京都府警は京都市内に住む80代の女性がキャッシュカードを騙し取られ、現金140万円の被害に遭ったと発表しました。警察の発表によると、犯人は警察を名乗り「あなたのキャッシュカードが不正利用されている」などと電話したといいます。その後、女性の家に警察のふりをした詐欺師が現れ、被害者からカードを受け取りました。
犯人は女性の前でカードに切れ込みを入れ、カードが使えなくなったかのように装っていました。カードに切れ込みを入れたとしても、ICチップに傷がついていなければ問題なく使えてしまいます。

キャッシュカードに切れ込みを入れ、安心させる手口が急増

キャッシュカードを騙し取る詐欺が増えている影響で、詐欺に対して用心深くなる人が増えています。今回紹介した詐欺は、そんな用心深さを逆手にとりターゲットを安心させる巧妙なトリックとなっています。
同様の手口による詐欺被害は増加傾向にあり、都内では1月から8月にかけて約200件の被害がありました。被害総額は約4億円にもなるとされています。
狙われているのはキャッシュカードだけではありません。クレジットカードでも同様の被害が発生しており、気づかないうちにカードを使い込まれていたという事件も起きているのです。
警察はカードを回収しに家に行くことはありませんし、切れ込みを入れることもありません。何か怪しいと感じた際は迷わず110番に電話し、本物の警察の判断を仰ぎましょう。

カードを狙う犯罪は他にも

8月、警視庁は不正に入手したクレジットカードを使っていた男女2人を逮捕しました。犯人は中国の詐欺グループのメンバーで、ノートパソコンなど数百万円購入していたといいます。犯人たちはカード会員向けのWebサイトで住所などの情報を書き換え、カード会社から送られてきたものを利用していました。
どれだけ気をつけていても、クレジットカードの情報が盗まれてしまうことは十分あり得ます。被害を防ぐためには日頃からクレジットカードの利用明細をチェックし、身に覚えがない履歴があればすぐにカード会社へ確認することが重要です。被害にすぐ気づくことができれば、カードに付帯した保険を使って全額補償してもらえます。

人気の防犯グッズ











この記事に関連する記事

防犯のすゝめ

クレカの不正利用が過去最多。不正対策への取り組みを紹介します

クレジットカードを不正利用される被害が後を絶ちません。日常的に利用する方は今すぐ不正対策しておきましょう。 今回は不正利用に有効な技術と自分でもできる対策方法について解説します。 クレジットカード不正 …

防犯のすゝめ

最新技術を用いた偽動画とは?AIによるディープフェイク詐欺に要注意

AIを使った偽動画による詐欺事件に要注意です。最新のディープフェイク技術は年々精度を上げ、人間に見分けがつかないほど成長しています。 今回はAIによるディープフェイク詐欺の概要と対策法について紹介しま …