防犯のすゝめ

女性ひとり旅は宿選びが重要!ゲストハウスで性被害を受けないために覚えておくこと

ひとり旅を楽しむ女性も増えていますが、宿の選び方には注意が必要です。セキュリティーが整っていない宿はトラブルになりかねません。

今回はゲストハウスに泊まる場合のメリットや注意点を詳しく紹介します。


ゲストハウス経営者、わいせつ行為や盗撮などで書類送検

岡山県警によると、里庄町にあるゲストハウスで計10件の性的暴行事件が発生していたことが明らかになりました。準強制わいせつ未遂と県迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されたのは、ゲストハウス経営者の武内俊晴容疑者です。

20~30代の女性宿泊客に薬物を飲ませてわいせつ行為をしたり、風呂場に設置したカメラで盗撮したりといった行為を繰り返していたとのこと。また、武内容疑者はこれまで準強制性交容疑で逮捕、書類送検されていたとのことです。警察の調べに対し、本人は「記憶がない」と容疑を否認しています。

予約サイトの口コミでは「女性でも安心」といった肯定的な投稿が多く、メディアでも取り上げられていたため、怪しい宿という印象はありませんでした。今後は女性ひとり旅の宿選びがますます重要になっていくでしょう。


ドミトリーに泊まる際の注意点

ドミトリーとは一つの部屋に複数人が泊まる相部屋タイプの宿泊施設のことです。2段ベッドやカプセルベッドが複数台置かれ、トイレやシャワーなどは共同利用となります。ゲストハウス、ユースホステル、バックパッカーズなど、さまざまな名称で呼ばれ、最近では女性でも宿泊しやすいおしゃれなドミトリ―も人気です。

しかし、知らない人と一緒に宿泊するという特性上、必ず押さえておくべき注意点がいくつかあります。

ドミトリーには男女共同タイプもありますが、女性ひとり旅の場合は「女性限定」を選ぶようにしましょう。施設によっては女性しか宿泊できないホテルもあり、セキュリティーがしっかり整っています。また、貴重品の管理も徹底するようにしてください。盗まれて困るものは必ずロッカーに預けるようにし、スーツケースには鍵をかけましょう。

宿泊者とのトラブルを避けるため、深夜や早朝は静かに過ごすことも大切です。ドアの開け閉めや足音には特に注意してください。


ゲストハウスのメリット

ゲストハウスにはさまざまなメリットがあり、女性のひとり旅におすすめしたい宿泊施設です。以下、ゲストハウスの良い点について紹介していきます。

・値段が安い

1番のメリットは宿泊費が安いという点です。都心部でも5,000円以下で泊まれるところが多く、旅行費用を抑えたい方にピッタリです。

・Wi-Fiが使える

ほとんどのゲストハウスに無料Wi-Fiが完備されています。宿によってはパソコンの貸出を行っている場合もあります。

・国際交流できる

外国人が泊まっていることが多いため、いろいろな国の人と交流できます。ゲストハウスが主催する交流イベントや食事会に参加してみるのもおすすめです。

・ユニークな部屋を楽しめる

古民家風やアンティーク調など、個性的なコンセプトを持つ宿が多いのも特徴。話題性やインスタ映えを求めている方には特におすすめです。

人気の防犯グッズ











この記事に関連する記事

防犯のすゝめ

未納料金を請求する詐欺に注意!身に覚えがないなら請求には応じないで!

身に覚えのない未納料金請求は、れっきとした架空料金請求詐欺であり犯罪です。未納料金を請求されるケースでは、電話をかけてきたりはがきやショートメッセージが送られてきたりするなど、手口も様々です。 当記事 …