防犯のすゝめ

車両内での犯罪をどう防ぐ?鉄道会社の防止策や個人でもできる対策法

列車内での犯罪が増えたことを受け、車内に防犯カメラを設置する動きが高まっています。もしも犯罪に巻き込まれた場合はどのように対処すべきなのでしょうか。

今回は、鉄道会社が行っている犯罪防止対策と個人でもできる予防法について紹介します。

阪神電車がAI搭載防犯カメラの設置試験を実施

2022年5月から8月にかけて、阪神電車で防犯カメラを設置した車両の試運転を実施することが発表されました。車内に複数台設置されたAI搭載防犯カメラを使って映像や音声を録音し、運転指令室からリアルタイムで監視・遠隔操作を行います。

試験実施に至った経緯は、2021年10月の京王電鉄線の乗客切り付け事件や、同年11月の九州新幹線の車内放火未遂事件など、列車内での凶悪な事件が増加したため。走行中の電車で事件が起きた場合、どのように防ぐかが大きな課題となっています。また、防犯カメラにはAI機能が搭載されているため、混雑状況などを解析し、乗客の利便性を高めるサービスにも活用していく予定です。

近畿日本鉄道は2024年秋までに新型車両すべてに防犯カメラを設置、JR西日本は2023年度末を目途に新快速と関空・紀州路快速に設置することを目標に掲げています。

各鉄道会社の犯罪防止対策

JRや各私鉄会社では最新技術を駆使した防犯対策が実施されています。

JR東日本では顔認証システムの導入に力を入れています。顔認証システムとは、顔の特徴をデータベース化し、カメラに記録された顔と自動的に照合する技術のこと。顔認証によって不審者や不審物の迅速な検知に効果が期待されます。一方、プライバシーの問題も懸念されており、防犯システムと個人情報保護のバランスを取ることが求められています。

東急電鉄では、LED蛍光灯一体型の防犯カメラ「IoTube(アイ・オー・チューブ)」で車両内のセキュリティ向上を目指しています。2020年7月には、東急こどもの国線を除く全車両に防犯カメラの設置が完了。「IoTube」は通信機能が搭載されているため、リアルタイムで遠隔操作でき、犯罪発生時の迅速な対応が可能となります。4Gデータ通信機能を備えた防犯カメラの導入は、鉄道会社で初の取り組みです。

列車内での事件から身を守る方法

万が一、列車内で身の危険を感じた場合、すぐに「非常通報装置やSOSボタンを押す」ことが重要です。これらのボタンを押すと車掌や運転士につながり、異常事態を伝えることができます。また、大きなブザーが鳴りランプが光ることで、犯人を驚かせたり、周囲に緊急事態を知らせることにも効果的です。ボタンを押したあとは、できるだけ犯人から遠い場所へ逃げるようにしましょう。

放火などの火災が起きてしまった場合は、できるだけ遠い車両へ移動するようにしてください。日本の鉄道は難燃性の構造となっているため、他の車両へ延焼しにくいと考えられています。可能であれば、消火器を使って消火活動を行います。鉄道会社により異なりますが、消火器は車両の連結部付近や優先席付近に設置されています。

緊急停車したときには、必ず車掌や運転士の指示を待ってから行動してください。自分勝手に行動してしまうと、被害が拡大する可能性があります。

人気の防犯グッズ











この記事に関連する記事

防犯のすゝめ

特殊詐欺には直接電話で対策を!最新の詐欺状況と対策サービスまとめ

増加する特殊詐欺に対し、直接電話をかけて被害を抑える対策が始まっています。新手の手口も報告されているので、引き続き対策を怠らないようにしましょう。 今回は特殊詐欺に関する最新情報と対策サービスを紹介し …

防犯のすゝめ

ランサムウェア被害が後を絶たない。さまざまな対策・防御ツールを紹介します

多くの企業でランサムウェアの脅威が拡大しています。調査結果では6回以上の被害を受けた例もあることが判明。 今回はランサムウェアに対抗するための便利なツールを紹介します。企業だけでなく個人が被害者となる …

防犯のすゝめ

災害時にはネット環境確保が要!最新衛星ネットについて押さえておきましょう

大規模災害が発生した場合、インターネット環境を確保することが求められます。そこで注目されているのが「衛星インターネット回線」です。 今回は衛星ネットで通信を行う仕組み、実際の活用事例について詳しく解説 …