防犯のすゝめ

インバウンド訪日客による偽造クレジットカード犯罪の問題点

インバウンドで訪日する外国人が急増する昨今、短期ビザ免除を悪用した犯罪が発覚しました。外国人による偽造クレジットカード犯罪が発生した背景、国内でのICカード対応の環境整備の問題についてお話します。

訪日客による偽造クレジットカード被害が発生

2017年9月、日本への短期滞在を装って、偽造クレジットカードを持ち込んだのはマレーシアから入国した中国系の組織が逮捕されました。日本ではカード犯罪対策が遅れていることから、ブランド品をだましとるために偽造クレジットカードを利用しようとしたためです。摘発されたマレーシア人らは、インターネット上での求人情報に応じて入国。「中国からの入国では必ずビザが必要なのに対して、マレーシア人は短期滞在でビザが不要となるケースがあることを悪用された」と、大阪府警は見ています。

逮捕されたマレーシア人らは、無料での日本観光や高収入につられて求人に応募。対話アプリにて、日本入国後に磁気式クレジットカードを使用して、百貨店や免税店で高級品を爆買いするように指示されていました。購入価格の1割前後の報酬が示されることから、数百万円分ものブランド品を爆買いして出国を狙ったケースもあるといいます。

日本におけるICカード対応の環境整備の問題点

海外では日常生活における買い物ですら、クレジットカードを使用することが当たり前になっています。これに対して、日本はまだまだクレジットカード後進国。利用者は増えても、店側の対応は遅れているようです。現状では、今回の偽造クレジットカードに使用された磁気式クレジットカードから、ICチップ式カードへの切り替えがなかなか進んでいません。

磁気式クレジットカードは偽造されやすいとわかっています。しかし、ICチップ式カードへの移行が進んでいない理由は、IC式対応の読み取り端末の費用負担を店側が敬遠するためです。そこで、2016年末には改正割賦販売法が成立したものの、日本クレジット協会がIC式カード対応について2020年までの全店舗導入を目指しても見通しは芳しくありません。店側が対応しなくても罰則される規定がなく、普及のめどが立たないのです。

大阪府警で摘発されたマレーシア人らから押収したスマートフォンには、日本のICチップ式クレジットカードへの移行遅れを利用して儲ける旨のメッセージが残されていたと言います。第三者の個人情報が登録されたカードに、使用した人物の氏名を刻む偽造方法がなされていました。今後、日本国内で日本人の個人情報が盗まれて偽造クレジットカードに利用される恐れも懸念されます。カード犯罪の手口は巧妙になる一方ですから、ICチップ式クレジットカードへの移行は急がれるべきでしょう。

インバウンド訪日客の増加は喜ばしいことです。しかし、海外の犯罪組織は日本のクレジットカード事情に目を付けて悪事を働こうとしています。端末を早急にICカード対応させたり本人確認に注力したりと、店舗側に課せられた課題は山積みです。クレジットカード犯罪を防止すべく、できることから始めましょう。

人気の防犯グッズ











この記事に関連する記事

防犯のすゝめ

桃太郎の動画で特殊詐欺対策!根絶のためのさまざまな取り組みをご紹介

昔話の動画を活用し、特殊詐欺を防止する取り組みが行われています。わかりやすい内容になっているため、子どもからお年寄りまであらゆる世代への呼びかけに役立つとのこと。
今回は特殊詐欺防止のためのさまざまな取り組みと、代表的な手口10種類を解説します。
■桃太郎動画で特殊詐欺の落とし穴をわかりやすく解説
兵庫県警丹波署は、桃太郎を題材にした特殊詐欺防止のためのアニメ動画を作成しました。なじみ深いキャラクターを使うことで、子どもやお年寄りにも興味を持ってもらう狙い。詐欺の落とし穴をわかりやすく解説しています。
今回の取り組みは、元同署生活安全課の吉田恵実巡査部長が立案し、昨年7月から一人でシナリオ作成から編集までを担当。おじいさんやおばあさんが、あ

防犯のすゝめ

ウクライナ支援詐欺が多発!卑劣な最新手口に備えておきましょう

ウクライナ支援を偽った最新の詐欺手口が横行しています。巧妙な手口をあらゆる面から仕掛けてくるので、常に意識を高めておかなければなりません。
今回は最新の詐欺手口を具体的に解説し、万が一被害に遭ったときの相談先についても紹介します。
■やはり狙われたウクライナ支援詐欺。最新手口に注意
国民生活センターは、ウクライナ情勢を悪用したネット詐欺の手口を公表しました。
特に多いのがTwitterなどのSNSで義援金を募る詐欺。あらゆる理由をつけて口座へ送金するよう誘導してきます。しかし、ショッピングなどと異なり、商品が送られてくるわけではないため、自分が詐欺に遭っていることに気づかない被害者も多いとのこと。
また、ウクライナ人になりすまし、ビットコイン

防犯のすゝめ

身近なパンで高齢者の詐欺防止を!高齢者が詐欺に遭いやすい心理的特徴を解説

全国各地で高齢者の詐欺被害対策が進んでいます。65歳以上の高齢者は、とくに特殊詐欺のターゲットになりやすく、身近にいる場合は注意が必要です。
今回は高齢者が詐欺被害に遭いやすい理由や心理的な特徴について説明していきます。
■警察とのコラボパンで詐欺を防ぐ取り組み
2022年4月、千葉県では詐欺被害を防ぐための新たな取り組みを開始しました。千葉県警と大手食品会社が手掛けた「詐欺防止パン」です。
身近なパンを使って詐欺への警戒心を高めてもらうという狙い。高齢者でも目につきやすいよう、菓子パンの包装面には特殊詐欺への警戒を呼びかけるメッセージが大きく記載されています。千葉県在住の60代女性は「何度も目にすることで、詐欺の恐ろしさを思い出す。ついつ

防犯のすゝめ

ITに強くなる資格「ITパスポート」とは?概要やメリットをご紹介

ITスキルが求められる今、ITパスポートという資格が注目されています。IT業界を目指す人、IT知識を高めたい人は、この機会に資格について学んでおきましょう。
今回はITパスポートの概要、資格取得におすすめの人、メリットを紹介します。
■NumberがITスキル支援型NFTプラットフォームをリリース
株式会社Numberは、ITスキル支援型NFTプラットフォーム「チャンピオンサーチ」を2022年4月下旬に本格リリースしました。デジタルトランスフォーメーションの需要拡大により課題となっている、IT人材不足を解消するのが目的です。
チャンピオンリサーチは、元数学教師である代表の想いとビジョンを背景に構想されたNFT技術。NFTと人材を掛け合わせ、