防犯のすゝめ

2021年第3四半期の相談件数が発表。特に気を付けたい遠隔操作被害について解説

IPA情報セキュリティセンターにより2021年度第3四半期の相談件数が明らかとなりました。サイバー犯罪は減少傾向にあるものの、遠隔操作の被害については今後も気を付けておきたい事例の一つです。

今回は遠隔操作サービスを利用する際の危険性と注意点について解説します。

2021年第3四半期の情報セキュリティ相談窓口に寄せられた件数が明らかに

独立行政法人情報処理推進機構セキュリティセンターの発表によると、2021年第3四半期における相談件数は約1,012件であったことが分かりました。全四半期と比較して約45%減少しており、少しずつ状況は改善されています。

相談件数の推移を内容別に見てみると、最も多いのが「ウイルス検出の偽エラーメッセージ」。ウイルスが確認されたといった表示で不安を煽り、偽サイトや偽サポートセンターへ誘導させます。総件数は192件、前回より約17%減少しています。次いで「仮想通貨で金銭を要求するメール」が多く、約36%減の98件となっています。

その他「宅配業者を名乗るSMS」や「iPhoneのカレンダー通知」、「ワンクリック請求」「不正ログイン」「 Facebookメッセンジャーに届く動画」などが挙げられます。あらゆる場面でサイバー犯罪は発生している現状なので、ネットを利用する際は常に注意しておかなければなりません。

遠隔操作サービスはリスクが大きい

さまざまなサイバー犯罪が存在しますが、以前から警戒されているのが「遠隔操作」を悪用した手口です。遠隔操作とは離れた場所にある端末を操作すること。自分のパソコンを自由に操作されてしまうため、パソコン上に記録されている情報がだだ漏れになる環境を作ってしまいます。

具体的には以下のようなリスクが発生します。
・怪しいソフトをインストールされる
・勝手にロックをかけられる
・パソコン内のデータを消去される
・個人情報を見られてしまう

「ウイルスに感染しているため遠隔操作で対処する」といった電話がかかってきても、安易に遠隔操作サービスを利用しないようにしましょう。万が一、遠隔操作が必要になった場合は、依頼元が信頼できる会社かどうかをきちんと確認した上で行ってください。

遠隔操作を受ける時に注意したいポイント

遠隔操作サービスは「迅速に問題を解決できる」、「パソコンに慣れていない人でも安心」といったメリットがあり、デメリットばかりではありません。正しく使えばとても便利なサービスなので、正しい利用方法を学びうまく活用しましょう。

遠隔操作サービスを受ける際に注意すべき点として以下のポイントを覚えておいてください。
・操作する担当者の企業名、所属、名前、連絡をメモする
・遠隔操作の作業中はパソコンの画面から目を離さない
・作業完了後は、遠隔操作ソフトをアンインストールする
・不審な動作が見られた時は即座にパソコンのネットワークを切断する

少しでも怪しいと感じた場合は、 警察やIPAの安心相談窓口へ連絡するようにしてください。

人気の防犯グッズ











この記事に関連する記事

防犯のすゝめ

桃太郎の動画で特殊詐欺対策!根絶のためのさまざまな取り組みをご紹介

昔話の動画を活用し、特殊詐欺を防止する取り組みが行われています。わかりやすい内容になっているため、子どもからお年寄りまであらゆる世代への呼びかけに役立つとのこと。
今回は特殊詐欺防止のためのさまざまな取り組みと、代表的な手口10種類を解説します。
■桃太郎動画で特殊詐欺の落とし穴をわかりやすく解説
兵庫県警丹波署は、桃太郎を題材にした特殊詐欺防止のためのアニメ動画を作成しました。なじみ深いキャラクターを使うことで、子どもやお年寄りにも興味を持ってもらう狙い。詐欺の落とし穴をわかりやすく解説しています。
今回の取り組みは、元同署生活安全課の吉田恵実巡査部長が立案し、昨年7月から一人でシナリオ作成から編集までを担当。おじいさんやおばあさんが、あ

防犯のすゝめ

ウクライナ支援詐欺が多発!卑劣な最新手口に備えておきましょう

ウクライナ支援を偽った最新の詐欺手口が横行しています。巧妙な手口をあらゆる面から仕掛けてくるので、常に意識を高めておかなければなりません。
今回は最新の詐欺手口を具体的に解説し、万が一被害に遭ったときの相談先についても紹介します。
■やはり狙われたウクライナ支援詐欺。最新手口に注意
国民生活センターは、ウクライナ情勢を悪用したネット詐欺の手口を公表しました。
特に多いのがTwitterなどのSNSで義援金を募る詐欺。あらゆる理由をつけて口座へ送金するよう誘導してきます。しかし、ショッピングなどと異なり、商品が送られてくるわけではないため、自分が詐欺に遭っていることに気づかない被害者も多いとのこと。
また、ウクライナ人になりすまし、ビットコイン

防犯のすゝめ

身近なパンで高齢者の詐欺防止を!高齢者が詐欺に遭いやすい心理的特徴を解説

全国各地で高齢者の詐欺被害対策が進んでいます。65歳以上の高齢者は、とくに特殊詐欺のターゲットになりやすく、身近にいる場合は注意が必要です。
今回は高齢者が詐欺被害に遭いやすい理由や心理的な特徴について説明していきます。
■警察とのコラボパンで詐欺を防ぐ取り組み
2022年4月、千葉県では詐欺被害を防ぐための新たな取り組みを開始しました。千葉県警と大手食品会社が手掛けた「詐欺防止パン」です。
身近なパンを使って詐欺への警戒心を高めてもらうという狙い。高齢者でも目につきやすいよう、菓子パンの包装面には特殊詐欺への警戒を呼びかけるメッセージが大きく記載されています。千葉県在住の60代女性は「何度も目にすることで、詐欺の恐ろしさを思い出す。ついつ

防犯のすゝめ

ITに強くなる資格「ITパスポート」とは?概要やメリットをご紹介

ITスキルが求められる今、ITパスポートという資格が注目されています。IT業界を目指す人、IT知識を高めたい人は、この機会に資格について学んでおきましょう。
今回はITパスポートの概要、資格取得におすすめの人、メリットを紹介します。
■NumberがITスキル支援型NFTプラットフォームをリリース
株式会社Numberは、ITスキル支援型NFTプラットフォーム「チャンピオンサーチ」を2022年4月下旬に本格リリースしました。デジタルトランスフォーメーションの需要拡大により課題となっている、IT人材不足を解消するのが目的です。
チャンピオンリサーチは、元数学教師である代表の想いとビジョンを背景に構想されたNFT技術。NFTと人材を掛け合わせ、