防犯のすゝめ

Facebookの犯罪用グループページを愛知県警が閉鎖

Facebookによるグループ犯罪を行っていたアカウントが、愛知県警によって閉鎖に追い込まれるというニュースが報道されました。本来であれば、共通の趣味や仕事の仲間などが集う役割を果たすFacebookが、犯罪の温床になっていたのは衝撃的です。ここでは、日常的に利用するSNSのリスクについてもお話しましょう。

愛知県警によるFacebook大規模グループの閉鎖

FacebookのようなSNSは、国内外を問わずにインターネットを通じて簡単に交流ができるのがメリットです。日本でも、多くの人が公私にわたってFacebookを活用しています。

そんなFacebookの中でも多くの登録者がいたグループアカウントが、愛知県警によって閉鎖に追い込まれました。理由は、犯罪の温床になっていたためです。このFacebookアカウントにはベトナム人ら5万人以上の登録者がおり、大麻や覚せい剤、不正送金などの犯罪に利用するための銀行口座が取引されていたといいます。

ページの開設は、2014年3月。ベトナム人らがベトナム語で物品の売買情報を交換するために当初は利用されていたそうです。

愛知県警によるサイバーパトロールによって、同ページが犯罪に利用されていることが発覚しました。犯罪が目的とみられるやり取りが確認されたため、ベトナム人12人が逮捕された他、アカウントの開設者であるベトナム人男性も逮捕されています。これほど大規模なFacebookのページ閉鎖は珍しいといいます。

偽アカウントによる犯罪の手口

愛知県警によって閉鎖された大規模なFacebookのグループページに限らず、Facebookでは偽のアカウントを大量に作ってネットワーク化し、犯罪に利用する巧妙な手口が横行しています。フランスを中心にヨーロッパにまたがる犯罪グループの動向を追跡調査した結果、Facebook上には膨大な数や規模の詐欺被害があると明らかになったという事例もありました。

例えば、ある実在する女性の写真を利用して偽のアカウントが作られ、あたかもその女性が病気や怪我で助けを求めているように見せかけるページもあったといいます。こうしたページを作ると、世界中からたちまち何十万人分ものフォロワーが集まり、「いいね!」やシェアが行われます。この動きを利用すれば、大量のフォロワー付きアカウントとして闇市場に売ることもでき、クリックによって寄付金を集めることも可能になるのです。

個人が犯罪に巻き込まれる恐れ

Facebook上で「いいね!」やシェアをするのは、気軽に行える行為です。しかしそんなワンクリックによって、自分が偽アカウントの被害者になる可能性は大いにあります。写真を無断で借用されたり、偽の寄付金サイトに寄付をしてしまったり、個人情報を悪用されてしまうケースもあるのです。何気ないSNSの利用にも、十分に気を付ける必要があります。

FacebookなどのSNSは、最初は気をつけなければと思っていても、使い続けているうちに無防備になりやすいものです。犯罪の温床になっている事実を知り、最低限の防犯意識は持っておくとよいでしょう。

人気の防犯グッズ











この記事に関連する記事

防犯のすゝめ

桃太郎の動画で特殊詐欺対策!根絶のためのさまざまな取り組みをご紹介

昔話の動画を活用し、特殊詐欺を防止する取り組みが行われています。わかりやすい内容になっているため、子どもからお年寄りまであらゆる世代への呼びかけに役立つとのこと。
今回は特殊詐欺防止のためのさまざまな取り組みと、代表的な手口10種類を解説します。
■桃太郎動画で特殊詐欺の落とし穴をわかりやすく解説
兵庫県警丹波署は、桃太郎を題材にした特殊詐欺防止のためのアニメ動画を作成しました。なじみ深いキャラクターを使うことで、子どもやお年寄りにも興味を持ってもらう狙い。詐欺の落とし穴をわかりやすく解説しています。
今回の取り組みは、元同署生活安全課の吉田恵実巡査部長が立案し、昨年7月から一人でシナリオ作成から編集までを担当。おじいさんやおばあさんが、あ

防犯のすゝめ

ウクライナ支援詐欺が多発!卑劣な最新手口に備えておきましょう

ウクライナ支援を偽った最新の詐欺手口が横行しています。巧妙な手口をあらゆる面から仕掛けてくるので、常に意識を高めておかなければなりません。
今回は最新の詐欺手口を具体的に解説し、万が一被害に遭ったときの相談先についても紹介します。
■やはり狙われたウクライナ支援詐欺。最新手口に注意
国民生活センターは、ウクライナ情勢を悪用したネット詐欺の手口を公表しました。
特に多いのがTwitterなどのSNSで義援金を募る詐欺。あらゆる理由をつけて口座へ送金するよう誘導してきます。しかし、ショッピングなどと異なり、商品が送られてくるわけではないため、自分が詐欺に遭っていることに気づかない被害者も多いとのこと。
また、ウクライナ人になりすまし、ビットコイン

防犯のすゝめ

身近なパンで高齢者の詐欺防止を!高齢者が詐欺に遭いやすい心理的特徴を解説

全国各地で高齢者の詐欺被害対策が進んでいます。65歳以上の高齢者は、とくに特殊詐欺のターゲットになりやすく、身近にいる場合は注意が必要です。
今回は高齢者が詐欺被害に遭いやすい理由や心理的な特徴について説明していきます。
■警察とのコラボパンで詐欺を防ぐ取り組み
2022年4月、千葉県では詐欺被害を防ぐための新たな取り組みを開始しました。千葉県警と大手食品会社が手掛けた「詐欺防止パン」です。
身近なパンを使って詐欺への警戒心を高めてもらうという狙い。高齢者でも目につきやすいよう、菓子パンの包装面には特殊詐欺への警戒を呼びかけるメッセージが大きく記載されています。千葉県在住の60代女性は「何度も目にすることで、詐欺の恐ろしさを思い出す。ついつ

防犯のすゝめ

ITに強くなる資格「ITパスポート」とは?概要やメリットをご紹介

ITスキルが求められる今、ITパスポートという資格が注目されています。IT業界を目指す人、IT知識を高めたい人は、この機会に資格について学んでおきましょう。
今回はITパスポートの概要、資格取得におすすめの人、メリットを紹介します。
■NumberがITスキル支援型NFTプラットフォームをリリース
株式会社Numberは、ITスキル支援型NFTプラットフォーム「チャンピオンサーチ」を2022年4月下旬に本格リリースしました。デジタルトランスフォーメーションの需要拡大により課題となっている、IT人材不足を解消するのが目的です。
チャンピオンリサーチは、元数学教師である代表の想いとビジョンを背景に構想されたNFT技術。NFTと人材を掛け合わせ、