防犯のすゝめ

オリンピック詐欺が再び流行!被害に遭わないための心構え

2019年もあっという間に過ぎ去り、とうとう東京オリンピックの開催が目前のものとなりました。テレビでもオリンピックに関する情報が頻繁に取り上げられ、まさに日本全国から注目が集まっているといっても過言ではないでしょう。
しかしオリンピックが注目される裏で、オリンピックに便乗した詐欺事件が起きていることも忘れてはいけません。今回はどのようなオリンピック詐欺が横行しているのかについて取り上げます。

再び流行するオリンピック詐欺

12月18日、東京オリンピックの二次抽選結果が発表されました。これに伴いオリンピック詐欺と見られるメールがいくつか確認されています。メール内に記載されているURLをクリックすると「現金990万円が当選しました」といったメッセージが表示され、口座番号を入力してくださいという要求につながるものだったとのことです。
当然ながらこのメールはオリンピックとは何の関係もありません。オリンピックに限らずイベント事がある時には必ずといっていいほど便乗詐欺が横行します。東京オリンピックが開催されるまで同様の詐欺事件が起きる可能性はまだ高いといえますので、引き続き気を引き締める必要があるといえるでしょう。

オリンピック詐欺は以前から問題になっていた

東京オリンピックに便乗した詐欺は以前から横行していました。テレビ等でも繰り返し報道されていたのがチケットに関する詐欺。「優先販売するのでお金を振り込んでください」と近寄り、お金が振り込まれた瞬間から音信不通になるという詐欺です。
これ以外にも「オリンピック需要で必ず儲かる事業がある」などとして、実在しない事業への投資を勧誘してくる詐欺もあります。事業者や警察、銀行のフリをした詐欺師が次々入れ替わる劇場型詐欺など、手の混んだ詐欺を仕掛けてくることも珍しくありません。また、最近は直接メールや電話をかけてくるだけでなく、知人や友人を通じて接触してくる詐欺師もいます。知り合いが勧めるものであれば問題ないだろうと信用してしまうのは危険だといえるでしょう。

オリンピック詐欺に騙されないために

「もしかすると詐欺かもしれない」と思ったら、警察や専門機関への相談を検討してください。例えば警察であれば、緊急性がない事件の情報を受け付けるために相談専用の番号を用意しています。受付番号は「#9110」。できれば電話をする前に話す内容や証拠等を手元に用意しておくと良いでしょう。
法的な手続きを取りたいという方には法テラスへの相談をおすすめします。法テラスは国が設立した、法的トラブルを解消するための案内所です。具体的な手続きの進め方や、弁護士の紹介を無料で行ってくれるので、返金を要求したい、民事訴訟を起こしたいと考えている方は連絡してみると良いでしょう。受付番号は「0570-078374」です。

この記事に関連する記事

防犯のすゝめ

痴漢対策に新しい方法!狙われやすい場所や対処の方法を押さえておこう

駅や電車内のポスターでも注意喚起を促しているように、痴漢被害は未だになくなることがありません。警察や駅員の活躍を期待するだけでなく、私たちも痴漢に狙われないよう対策しておかなくてはいけないといえるでし …