防犯のすゝめ

不安な気持ちにつけ込む占い詐欺!個人情報が占いに悪用される!?

周囲の人には言えない悩みを打ち明けられる占いサイトは、本当に苦しんでいる人にとって心の支えとなることもあるでしょう。しかし中には悪質なサイトも存在しており、多額の料金を請求されることもあるのです。
今回は占いサイトでの被害事例や騙しの手口について紹介します。

トラブル続出の占いサイト

インターネット上の占いサイトにおいて、これまで複数のトラブルが報告されていることはご存知でしょうか。最初は無料で始められるサイトも、その多くは途中から有料のポイント等が必要になります。利用者が納得してサービスを利用できているなら問題はありませんが、中には借金をしてまでサービスの利用を継続してしまった人もいるのです。
ただ、占いサイトにおけるトラブルはその他の詐欺と明確に線引きしにくいことが問題を複雑にしています。なぜならユーザーは自分の意志で占いサイトに訪れ、占いの結果に科学的根拠があるわけでないことを了承していると考えられるからです。
警察に相談したところで相手にしてもらえないこともあるでしょう。占いサイトのトラブルについては、国民生活センターや弁護士に相談することをおすすめします。お金を支払ってしまった後でも、いくらか返金を要求することができるかもしれません。

知っておくべき騙しの手口

占い詐欺を企む人物は、健康やお金など、深い悩みを持つターゲットに近寄ります。ターゲットに接触したら、不安を煽る言葉をかけつつ個人情報を集め、もっともらしいと思われるアドバイスを投げかけていくのです。やり取りが多ければ多いほど詐欺師はターゲットの悩みを正確に把握できるため、回数を重ねるごとにターゲットは詐欺師を信用してしまいます。これにより相談回数が必要以上に増え、相談料がどんどん膨らんでしまうのです。
また、メッセージを送受信するたびに料金が発生するサイトでは、呪文のような意味のないメッセージを送らせるケースもよく見られます。やり取りを引き伸ばすために「あと少し」と言いつつ、いつまで経っても中身のないやり取りを続けるパターンもあります。

占い詐欺を見抜く方法

占い詐欺では必要以上に不安を煽ることが多いです。「あなたは今危険な状態にある」「今がチャンス」といった言葉で接触してくる占い師には十分注意しましょう。「あなただけの特別料金で対応する」といった案内がきた時も要注意。実際には他の人にもまったく同じ料金を請求していたというケースは決して珍しくありません。詐欺かもしれないと思ったら、メッセージのやり取りなど、被害の証拠となるものを残しておきましょう。

この記事に関連する記事