防犯のすゝめ

新たな詐欺被害が増加中!LINEニセ懸賞による高額通話料の請求

アカウントを友達追加するだけで懸賞へ応募できるLINE懸賞。その手軽さを狙った詐欺被害が増加しています。
今回は身近なLINEに潜む詐欺事件の例や手口を紹介し、未然に防ぐための対策を解説していきます。

ケンタッキー1年分無料などLINEニセ懸賞で詐欺被害が増加

LINEの公式アカウントを友達追加することで、誰でも簡単に懸賞応募できるLINE懸賞。その手軽さを利用し、新たな詐欺被害が横行しています。今回ターゲットとなったのはテイクアウトなどでも人気のケンタッキーフライドチキン。1年分の商品が当たると偽の検証に誘導し高額請求する、という悪質な手口です。身近なLINEを使った手法であること、本物そっくりのロゴが表示されていること、などから「詐欺かもしれない」と疑うことなく騙されてしまうため、その数が急増しているのです。

詐欺の手口は海外への高額な国際通話料金請求

LINE詐欺の手口は毎回同じような手順で行われます。まず初めにいつもやり取りをしている友達からURL付きのメッセージが届き、クリックするように誘導されます。本物と見分けがつかないほどそっくりなロゴが表示されているので詐欺と分からずにクリックしてしまうのだそう。サイトに飛ぶと抽選くじがスタートし1・2回目はハズレ、3回目に必ず当選するという仕組みになっています。当選後は5名の友達にURLを送り、景品を手に入れるため謎の番号に電話するよう指示されるのが一連の流れです。表示された謎の番号に一度でもかけてしまうと高額な国際通話料金が請求されてしまいます。これは「国際ワンギリ詐欺」と呼ばれる手口に類似した手法であり、国際通話料金の一部が詐欺グループに支払われる仕組みです。抽選に当たった喜びで詐欺を疑うことなく騙されてしまうのがLINE懸賞詐欺の特徴です。

新たな詐欺に騙されないための対策

新手の詐欺に引っかからないためには事前に対策方法を知っておくことが大切です。また、URLを送った5名の友達についても個人情報流出の恐れがあるため、他人に迷惑をかけないようしっかりと対策をとってください。対策法として、まずは友達から送られてきた応募・懸賞系のURLは開かないこと。URLをネット検索して本物かどうか確かめるのも有効です。さらに電話をかけるような懸賞には絶対に応募しないと決めておきましょう。そもそもネットやSNSを利用した懸賞は当選確率が非常に低く、詐欺に巻き込まれてしまう可能性の方が高いというのが実情です。目先の利益に囚われず、詐欺のリスク減らすための行動を心がけましょう。

人気の防犯グッズ











この記事に関連する記事

防犯のすゝめ

テレワークの大きな味方!ドアの開閉をチェックする最新家電で空き巣対策

近年在宅ワーク中に空き巣と鉢合わせする可能性が高くなっているという、新たな不安が懸念されています。命に関わる最悪の事態も考えられるため、防犯対策を強化する家庭が急激に増加しているとのこと。 今回は在宅 …

防犯のすゝめ

追手門学院の女子制服にスラックス導入。女子学生への痴漢・防犯対策の動き活発に

高等学校の女子制服にスラックスが導入されたことを受け、痴漢・防犯対策への強化活動が話題となっています。痴漢行為や盗撮被害を根絶するため、実際の被害者が主導となりムーブメントを起こしている事例も。 今回 …

防犯のすゝめ

最新ワイヤレス防犯カメラが上昇傾向に。メリットや選び方のコツとは

コロナの影響で個人の防犯意識が高まっていることから防犯カメラの売上が急増しています。特にワイヤレス機能を搭載した最新の防犯カメラが話題に。 今回は最新防犯カメラのメリットや選ぶ時のポイントについて解説 …