防犯のすゝめ

防犯効果の高い窓ガラスって、どれを選べばいいの?あらためて考えておきたい防犯ガラス選びのポイント

空き巣被害の大半は、窓からの侵入によるもの。マンションや一戸建てを問わずに、その被害は増えています。そもそも、窓の鍵はクレセント1つによる構造が多く、これが窓からの侵入をたやすくしているのです。

となると、窓の防犯を強化することが、家全体のセキュリティーを向上させることにつながります。ガラスの強度や防犯性を考えて選んでいく必要がありますね。

一口に防犯ガラスといっても、多種多様

shutterstock_267866225

防犯効果のあるガラスといっても様々で代表的なものには、合わせガラス・防犯合わせガラス・網入りガラス・ラミネートガラス・ペアガラス(複層ガラス)・強化ガラス・超飛散防止フィルムを張ったガラスなど、色々とあります。

一般家庭でよく見られる網入りガラスは、見た目は強そうで心理的な防犯効果はあるものの、わりと簡単に割れてしまいます。防犯用のラミネートガラスは、貴金属や高級品のショーケースといった特殊な用途に使われるものです。では、その強度と防犯効果について見ていきましょう。

 

一般的なフィルムやシートではあまり防犯効果を期待できない…!?

shutterstock_221971921

ガラスの防犯効果として高い順に、防犯合わせガラス→合わせガラス→ペアガラス→強化ガラス→網入りガラスです。一番防犯効果の高い防犯合わせガラスは、普通のガラス(フロートガラス)の数倍の値段がするため、普及を遅らせています。

また、ガラスが壊れたときの飛散防止、日照防止としてガラスに貼るフィルムやシートは、手ごろな値段で手に入るため、よく使われていますね。透明度はガラスとほとんど変わらないので、内装を損なうことがありません。ただ、それほど大きな強度アップにはなりませんし、防犯性もそれほど高くないといえます。

 

組み合わせで防犯対策を考える!ガラスの強度は、使われる工具によって違う

shutterstock_178524686

強度の高いガラスを窓にはめ込んでいても、使われる工具によって、その強度は変化します。
ハンマー、バール、ドライバーで叩いた場合、それぞれ違ってくるものです。網入りガラスの場合は、ドライバーによる突き破りに弱いと言われています。
普通のガラスや網入りのガラスは、ドライバーでも20秒足らずで、かんたんに破られてしまうでしょう。その一方で、合わせガラスだと破壊するまで3分以上かかり、さらに音もするので防犯効果は高いです。

窓の防犯を考えるときには、ガラスだけでは十分ではありません。サッシ・雨戸・シャッター・錠前・照明・セキュリティシステムなどを組み合わせて、窓の防犯対策を考えましょう。さらに、窓には補助錠をつけることが大事です。離れた位置に2点締まり以上の補助錠をつけることで、ガラスが破られる時間を延ばし防犯性能アップにつながりますよ。

この記事に関連する記事

防犯のすゝめ

障害者を狙う卑劣なわいせつ行為。当事者以外も知っておくべき現状について

あまり表立って報道されることは多くありませんが、性被害を受けている障害者の数は決して少なくありません。今回紹介するのは障害者を狙ったわいせつ行為事件について。先日発生した事件の概要について紹介するとと …