防犯のすゝめ

Instagramアカウントの乗っ取り被害に気を付けて。一般ユーザーでも被害を受ける可能性大

Instagramの乗っ取り被害が増加しています。インフルエンサーだけでなく一般ユーザーの被害者も増えており、誰もが被害者となる可能性があります。

今回はInstagramアカウントが乗っ取られた時の確認や対処方法をお伝えします。

インフルエンサーだけでなく一般人もターゲットの対象になっている

InstagramをはじめTwitterやFacebookなどのSNSを狙ったサイバー攻撃は、フォロワー数の多いインフルエンサーを中心に行われていました。しかし最近の動向を調べてみると、一般ユーザーの被害も増加していることが明らかとなっています。

特に近年急激に成長しているInstagramは、アカウントの乗っ取り被害が顕著に表れています。犯罪者はサポートセンターや友人になりすまし、InstagramのDMを利用してターゲットに近づいてきます。複数回メッセージをやり取りする中で、アカウント名やパスワード、メールアドレスなどを入力するように要求し、盗み取った個人情報でアカウントを不正利用します。

アカウントを乗っ取られてしまった場合は、自分のアカウントにアクセスできなくなったり、支払いを請求されたりしてしまいます。

詐欺グループの目的とは?

SNSのアカウントを乗っ取る詐欺グループの目的は、大きく分けて2つに分類されます。

1つ目の目的は「金銭」です。ユーザーになりすまし、友達登録されている人にプリペイドカードの購入や口座振込などを依頼してお金を騙し取ります。勝手に広告を掲載して広告料を要求するケースもあります。また、ユーザーになりすまして自らが行った不正行為の濡れ衣を着せるというのも目的の一つです。

2つ目の目的は「嫌がらせ」です。乗っ取った本人に見せかけて悪口や不適切な写真を投稿し、相手へ精神的ダメージを与えます。このようなケースでは、犯罪者と深いつながりを持った人がターゲットになる場合がほとんどです。精神的に深い傷を負ってしまうことから、金銭面での被害よりも深刻な問題として捉えられています。

乗っ取られた時の確認と対処方法

SNSのアカウントを乗っ取られた場合は、早急に確認し適切に対処しなければなりません。焦らずできるだけ早い対応を心がけましょう。

Instagramのアカウントが乗っ取られているかどうかを確認するには、マイページから投稿ボタンをタップし、自分がアップロードしていない写真の有無を確認します。 また勝手に「いいね!」が押されていないかもチェックすべきです。見覚えのない写真やいいねがある場合はほぼ確実に乗っ取り被害を受けています。

乗っ取り被害にあった場合は、早急にパスワードを変更してください。すでに犯罪者によってパスワードが変更されログインできない場合は、Instagramのサポートセンターに連絡する必要があります。「パスワードを忘れた場合」画面の下にある「ヘルプが必要な場合」をタップするとサポートセンターへ問い合わせることができます。

人気の防犯グッズ











この記事に関連する記事

防犯のすゝめ

特殊詐欺には直接電話で対策を!最新の詐欺状況と対策サービスまとめ

増加する特殊詐欺に対し、直接電話をかけて被害を抑える対策が始まっています。新手の手口も報告されているので、引き続き対策を怠らないようにしましょう。 今回は特殊詐欺に関する最新情報と対策サービスを紹介し …

防犯のすゝめ

ランサムウェア被害が後を絶たない。さまざまな対策・防御ツールを紹介します

多くの企業でランサムウェアの脅威が拡大しています。調査結果では6回以上の被害を受けた例もあることが判明。 今回はランサムウェアに対抗するための便利なツールを紹介します。企業だけでなく個人が被害者となる …